葉隠れ育ち

アクセスカウンタ

zoom RSS ちゃこちゃん・・ほんとにありがとう ありがとうね

<<   作成日時 : 2012/09/04 19:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

やっと涼しくなりそう・・・この暑さを乗り切ろうね・・・
エアコンの涼しさではないほんとの涼しさを・・ちゃこちゃんも待っていました。

ず〜と降らなかった雨がやっと降り始めた9月2日の夕方ちゃこチャンの容態が・・・・。
足に力が入らないので自力で水が飲めない。
スポイトで水を・・くちに入れるとむせたようにぜーぜーとせきこむ。

コットンに水を含ませくちに持っていくが舌で舐めてくれない。

身体全体の力がなくなっていく・・抱っこして背中をさするしかすべがない。
夜12時ごろには背中で大きく息をする。
主人 長男 私の3人で見守るなか9月3日午前1時5分に長男の膝の上で息をひきとりました。
H23年6月に髪をカットしてきたときのスナップです。
ちゃこの写真を貼り付けようと思うだけで涙でPC画面が見難くなります
画像


阪神大震災のあの年 

平成7年2月11日に生まれたちゃこちゃんは
平成24年9月3日1時5分に息をすることが出来なくなりました。
17歳7ヶ月足らず・・人に換算すると86歳の一生でした。

あたたかったちゃこが少しずつ・・・
みまもりながら朝になりました。

午前8時30分になるのを待ち
17年間健康を見守っていただいた浦和の山田動物病院に連絡をして慰霊の方法をお尋ねしました。

紹介いただいた関東愛護霊園の係りの方が30分後にはちゃこちゃんの遺体引き取りにこられました。

ご指導でちゃこちゃんの好きだったフーズと赤いセーター
そしておねんねしていたちゃこちゃんのお布団も一緒に天国にもっていけるように・・・。

霊柩車(犬猫の)にのせられたちゃこを家族で見守り手を合わせて見送ります
夕方4時半ごろ霊園の方から連絡いただきお骨になったちゃこの納骨堂の番号教えていただきました。

お写真とお水を入れる小さなコップ小さな造花(生花禁止)を用意し(霊園の方のお話で)
家族(長男家族長女家族)10人揃ってお参りしました。

これから3年はいつでもちゃこちゃんに手を合わせに納骨堂にいけます。

3年過ぎたら共同墓地に埋葬して土に戻すか!または自分の庭の土にする選択ができるそうです。

霊園の帰りは・・
手をあわせてくれた5人の孫にお寿司食べながらちゃこちゃんのこと思い出してあげてね!!
 ・・っと廻る回転寿司でちゃこちゃん供養の御膳としました。

今朝ちゃこちゃんがいた場所を眺めて又胸が苦しくなる。
ありがとうをたくさん貰ってちゃこにはその半分も・・と思ってしまう

9時前だと言うのに宅配さんがピンポンとチャイムを鳴らした。
ちゃこちゃんへ!!の宛名でお世話になった山田動物病院からの供養生花のお届け物でした。

居間に ちゃこちゃんのお供えをと考えていた矢先のできごとでまたまた涙が溢れてきます。
病院へのお礼のごあいさつも胸がつまり ほんとうに自分がなさけないそして頼りない。
亡きちゃこちゃんがいつもお座りしていたその場所に 『ここ半年ほどはほぼ』 山田動物病院の院長先生からのお花を添えました。
画像


私のブログ書きにはなんの言葉も意見もなく興味も示さない主人が始めてこんなこと言いました。
(ちゃこちゃんのことブログに書いてあげれば!!)
(家族が亡くなったら3年はきをつけてくれ!!)
主人の優しさ『気持ち』でしょうか ありがとうね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
毎回、ブログの更新を楽しみにしています。多趣味で、前向きに生活していらっしゃる菱のみちゃんに憧れちゃいます。この度、ちゃこちゃんとの悲しいお別れになってしまいましたね。愛くるしいちゃこちゃんの写真を見て、長い間、家族の一員として沢山愛されていたのですね。繰り返し読み涙しました。ちゃこちゃんからも沢山の幸せと元気を頂き残してくれましたね。
気まぐれピンポン
2012/09/06 14:25
気まぐれピンポンさま ご丁寧なコメントいただき、ほんとうにありがとうございます。
なんとなく覚悟しなくては〜〜と感じていましたが
全く私たち家族に負担一つかけないちゃこの立派過ぎると思える最後でした。そんなこともいまは辛くなります。もすこし世話をかけてくれたほうが残された家族は気持ちが楽になれそうです。
痛い辛いがなく『そう思いたい』あっけない天国へのみちのりでした。
僅か2キロの身体で色々と感動感激言い尽くすことの出来ない絆を私たちに残してくれました。
このような心境のいま・・・気まぐれピンポンさまの温かなお気持ち心に浸み込んできます。
ありがとう。
家にいると見るものみるもの思い出され辛い部分があります。
畑に出て秋のお野菜作りに気持ちを運ぶつもりです。

菱の実ちゃん
2012/09/06 20:43
ちゃこちゃんに対する菱の実ちゃんさんの深い愛情をずっと見てきてましたので、今どんなにお辛いかお察しします。
ご家族にとって、17年7カ月も一緒に過ごされたちゃこちゃんの存在はまさに家族同然、大切な大切な存在だったことでしょう。
でもこんなにも愛されて長生きし、ご家族皆に見守られて安らかな最期を迎えられたちゃこちゃんの一生は、とても幸せなものだったのではないでしょうか。
ちゃこちゃんのご冥福を心よりお祈りいたします。
菱の実ちゃんさんもお辛いでしょうけれど、どうぞお体にお気をつけてお過ごしください。
wind mama
2012/09/13 11:48
wind mamaさんお忙しいのにありがとうございます。
幸せのこしてくれたと思うことはたくさんありますが少しだけ落ち着いた今・・ちゃこを家族で見送られたことも大きな私たちの絆になりました。
霊園の方がお話された事思い出しています。
『家族に見守られてちゃこちゃんは本当に幸せでしたよ!!外で飼われている大型犬には厳しい夏でしたね。おたくは家族に見守られての旅たちですから・・!!』と話されていたことおもいだしています。わがニッポン気象も国の行く末も少しおかしくなりましたね。
菱の実ちゃん
2012/09/14 19:59
玄関先で出迎えてくれた
小さくて可愛いチャコちゃん。

おしゃべりしている私達の傍らを
チョコチョコと動き回ったり
スヤスヤと眠っていたチャコちゃん。

えさ入れを 前足で動かして 
食事の催促をしていたチャコちゃん。 

家の外を通る よそのワンちゃんに
小さくワン!と鳴いていたチャコちゃん。

そんなチャコちゃんの姿を思い出します。

優しい菱の実ちゃんに愛されて
チャコちゃん幸せだったよね。

可愛いチャコちゃんに癒されて
菱の実ちゃん 幸せだったよね。

私のお友達 菱の実ちゃんを
17年7ヶ月近くも癒してくれて
私からも ありがとう! チャコちゃん。

     合掌
はだしで お散歩
2012/10/02 23:00
はだしでお散歩さんの心にまで残っていてくれたんですね。
ほんとにそうでした。

我が家に来た時は生後2ヶ月 ちゃこはハムスターほどの身体で私が台所に立つとすぐ足元に来てチョコチョコ・・
気がつかずに振り返りざま踏んでしまいそうになることがあり・・首に鈴をつけて家族で気をつけました。
夜私の布団のどこかで寝ているので家族は私の布団は絶対踏まないのが暗黙のルールでした。
そんなこともあんなことも思い出だけのちゃこになりました。
ブログにまで書くのは・・と思いましたが感謝の心をちゃこに届けたかった。
言葉の通じぬ相手だからこその・・・気持ちの絆がのこりました。
はだしでお散歩さん有難う。
ちゃこちゃん良かったね!!
思い出してくれてありがとうだよね。

菱の実ちゃん
2012/10/03 21:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
ちゃこちゃん・・ほんとにありがとう ありがとうね 葉隠れ育ち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる