葉隠れ育ち

アクセスカウンタ

zoom RSS 草紅葉の尾瀬 そして日本の原風景に遇ってきました。

<<   作成日時 : 2012/10/19 01:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

迷走台風17号が関東地方を通過する9月30日私たち夫婦は・・福島県南会津町の高杖温泉のホテルですごしておりました。
夕方頃から降り始めた雨は夜半降り続き・・明日晴れてくれるだろうかと一喜一憂の思いでした。

目が覚めて曇りの空からはところどころに青空も見えて・・ヤッター

7時の朝食をすませ8時にはホテルの前からバスに乗り込み尾瀬への入りぐち沼山峠へと急ぎます。
昨年の初秋に 群馬県側の鳩待峠から尾瀬を歩きなんとしても 尾瀬の自然を主人に紹介したかったのです。

1時間後には御池に到着しました。
自然保護の観点からここから先は一般車は通行できなくなり・・
沼山峠までは地元の・・会津シャトルバスに乗り換えます。
約15分ほどで沼山峠に到着。

台風通過後の月曜日さすが人の姿はまばらで・・私たちツアーの20人ほどでバスもガラガラ・・沼山峠の休憩所もこんな感じです。
画像


平坦の道は時々歩いている主人も上り下りのある山道はさてさてどうなることやら?
整備されている木道(もくどう)をモクモク歩きます。

歩いていて気がつきました道にはみ出ている頭の上の木の枝にに数メートルおきに赤い布が結んであります。
(伸びすぎた枝を伐採するためのめじるしかなぁ〜〜

前を歩く相棒さんに聞くと (なんだろうなぁ〜〜。)
ゆっくり歩く私たちの前には人影ありません。
そこに若い2人の男の方がこちらに歩いてきます。
ひと目で尾瀬の自然を見守る方たちだとわかる服装です。
『この赤い布はなんのために??』 と私
(11月の末には雪が降り始め5月のゴールデンウイークまでは3〜5メートルの雪に道がわからなくなります!。
そのときのみちしるべになりますよ。』
たしかにこれなら赤い布が道案内してくれますね。 ホラっね。
画像

歩き始めて約1時間紅葉色の草原が開けてきました。
草紅葉(くさもみじ)の大江湿原です。
『雲がもすこし少なければなぁ〜もっときれいな画像になるのに!!』
画像


『きれいな色だなぁ』
普段花色に興味もないと思っていた!!・・
そんな話し言わない主人が花色に感心してパチリしたら!!ですって。
秋いろ深い大江湿原の最終ランナーのエゾりんどうが足の疲れを癒してくれます。
凛として見える紫紺色です。虫食いの花も味わいがあります。
画像

やっと尾瀬沼がかすかに草原の先に見え始めました。
群馬県利根郡片品村と福島県桧枝岐村にまたがる沼だと聞きました。
画像

尾瀬沼歩きは又にして  『叉があればいいんですが・・』
尾瀬沼の長蔵茶店で休む事にしました。
平野長蔵さん 長英さん 長靖さんと三代にわたりこの尾瀬の自然を守られてこられ・・3代目の長靖さんは三平峠で不慮の事故で亡くなられたという。
ホテルに注文して主人の背中のリュックに入れたお弁当 長蔵茶店の長い椅子に座らしていただき尾瀬でのお昼としました。
1人前840円2人で1,680円なりです。
記念にそして思い出にパチリ。
画像


普段お昼はこんなにしっかりしたお弁当食べた事もないこのごろです。
特に私は前の日の残り物で済ませてしまいます
さほどの味でもないのですがリュックに入れて運んだ貴重な食材と思えば・・・大切です。
3時までに御池まで戻ることを考え尾瀬の大江湿原後にしました。
ホテルには午後4時半ごろ到着・・白樺の温泉で尾瀬歩きの疲れ流しました。

10月2日の朝ホテルを9時に出発して南会津町の前沢村曲家(まがりや)集落歩いてきました。
同じ福島の大内宿もなんどか訪ねましたがこちらの前沢村は初めてです。

お店もなく雪深い長い冬をすごす静かな村里ですね。

画像

観光客もいない本当に静かでいいときに来れてうれしいです。あぜ道歩き小さな小屋のなかで座って何か作業しているおじいちゃまがいます。
お断りしてお話させていただきました。
ここ前沢村の曲家集落1軒あるお豆腐屋のおじいちゃんだそうです。
『先ほどお豆腐があったなぁ〜〜』
小さなミニのぞうりを編んでおられます。
夏のトウモロコシの実を包んでいるあの柔らかい葉を乾かして作るとか!
1日10足ほど作り上げるのだとか・・・
村はずれの物産店に出してるそうです。
あまりに可愛いミニの草履です。
1足250円 也
直接おじいちやまに2足売ってもらいました
お写真お撮りしてもよろしいですか?
『いいよ!!』とおじいちゃん。
御歳83歳だそうです。
こんな優しいそして可愛いい ですね 『失礼しました』 
画像


村をあぜ道歩きながら降りてくると2人のおばあちゃんが談笑しながら畑で座りながらのお仕事中です。
足腰強くなければこんな座り方で仕事など出来ません。

時々百姓の私も畑の作業の疲れはとても良く解りますから。
だけど 子供の頃見たような母を思い出させるようななつかしい嬉しい後姿です。
ずーと見ていたいようなきもちになり・・・お断りもせずに撮らせていただきました。『ごめんなさい!』
画像

『長い冬だろうなぁ・・・』 と主人
『春が待ちどうしくそして嬉しいわね!』と私
それ以上は話さずとも解る厳しい長い冬でしょうね。

村の物産店でおばぁちゃんが育てたかもしれない・・?
長い茄子と新そば粉をおみやげにしました。


追記
10月8日は今年一番の冷え込みとなり尾瀬の画像見ると雪が降ったのかと思えるほどの真っ白い霜がおりて
なるほどの心境になりました。
10月9日に公開したこのブログは手違いで削除してしまい・・・再び2時間程で必死になって書き上げたものです。
書くこと・手先を使う事はボケ防止になると・・の話しですが前書いたものを憶えていてすらすらと書き上げられたのも面白いというか新しい発見で『まだまだ私の頭の中身しっかりしているのかも・・なんて変な自信ついちゃった。


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
オッ、草紅葉のブログが戻ってきましたね。
私もアップしたコメントを思い出そうかと…。
でも新鮮味がないので もう一度じっくり読ませて頂いてからコメントの第2弾で〜す。

ご主人と二人だけの草もゆる大江湿原。久々の新婚気分でヒューヒュー

赤い目印はそういうことだったんですね。(道しるべの代用かと…) 『 聞くは一時の恥、聞かぬは…』営林署の方?とはいえ 知らない方に話しかけるのは勇気がいるもの。 でも、さすが菱の実ちゃん。 お陰で私も ひとつ覚えましたヨ 

観光化された○○宿とは一味も二味も違う 真に素朴な前沢村の83歳の笑顔に 私もお会いしたくなりました。
はだしで お散歩
2012/10/24 00:02
はだしでお散歩さん再度の訪問いただきそしてコメントまでかきこみいただきありがとうね。
セブンに変えて今獅子奮迅?検討中というか・・
PC始めたとき はだしでお散歩さんにいろいろアドバイスしていただいた時のような心境になってます。
習うより慣れろ!!の気持ちになってがんばります。
はだしでお散歩さん・・曲家集落のお豆腐屋さんの83歳のおじいちゃんの笑顔いいですよ・今でも時々思い出し私もがんばるぞ〜〜と元気いただいてます。
菱の実ちゃん
2012/10/26 08:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
草紅葉の尾瀬 そして日本の原風景に遇ってきました。 葉隠れ育ち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる